自然界の自浄作用で水を守ります。

FRP製地下貯蔵槽

食料物資の確保
避難場所には大勢の人が避難します。食糧や医薬品等の生活必需品の物資が大量に 必要となります。

FRP製箱型地下貯蔵槽で大量の食料と物資を貯蔵
・年間を通じて温度が一定である地下への埋設は、紫外線も入らず、保存に適しており、津波にも流されることはありません。
・地下埋設なので、地上での保存場所の確保は不要です

トイレの確保
上水道・下水道の甚大な被害が想定され、避難場所など大勢の人が集まる場所で水洗トイレの使用が困難になると思われます。 貯蔵槽から仮設トイレを搬出した後、上部にそのトイレを設置することで、約30トン分のし尿の貯留槽として機能します。

災害発生時課題を解決

衛生的に500人が2ヶ月間使用可能
救助から復興まで長期間、大勢の方が使用できます。
大容量、長期間使用・貯留可能仮設トイレ
導入実績